<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

上越ブランドの向上!

0
     
    上越ブランドとはなんのか??

    そんな想いをgiftに載せて、早5年。

    今年の5月で5周年を迎えて、
    いよいよ6期目へと突入します。


    上越のフリーペーパーとしては最も歴史が古く、
    創刊当時はTAKE FREEという言葉にも馴染みが無くて
    レジでお金を払おうとしてくれる読者の方もいたくらい。。。

    それから年月が経って、今では数誌のフリーペーパーが
    作られていますが、上越発信の全県フリーペーパーとしては
    giftだけが貫いてきた意地でもあり、ポリシーです。

    『上越のカッコイイを発信するフリーペーパー』をコンセプトに、
    市内外に発信できる情報とクオリティーで企画・制作してきました。

    そして、撮影や取材にご協力頂いた方々やスポンサー様に支えら
    れてきたお陰で、今のポジションが築けた事は言うまでもありません。



    現在は次号Vol.30の取材と制作で日々奮闘中でございます!


    ん??あれ??

    年6回の発行なのに、Vol.30で5周年じゃないの??

    そんな疑問を抱いた方もいらっしゃるのでは??


    giftを創刊号からご覧頂いている方ならご存知の方もいるのでは?

    実は創刊当初、giftは偶数月の定期発行だったんです。

    創刊月は2007年4月。

    だから5月で5周年にしたんです。

    編集部の勝手な判断です。笑



    そんなこんなで、今後も皆さんに喜んで頂けるような企画を
    日々、試行錯誤しております!

    上越という狭くて小さな町ですが、魅力的な情報は盛りだくさん!

    6期目以降もgiftにしか表現できないクオリティーと企画で
    ドシドシ、ガンガン攻めていきますので楽しみにしてて下さい!



    最後に、3月発行のgiftの広告枠の空き情報です。


    現在、空きのある広告枠は

    ・1/6サイズ枠・・・・・2枠
    ・1/4サイズ枠・・・・・2枠
    ・ヘアサロン様専用広告「ヘアスタイルギャラリー」


    以上の広告枠のスポンサー様を募集しております。


    広告枠のお値段は他誌様よりも断然お安くなっております。

    ぜひ、giftの広告効果をご体感下さい!

    広告料金の詳細等に関しましては、下記まで
    お気軽にご連絡下さい。


    フリーペーパーgift編集部
    tel. 025-524-7123
    e-mail. stm-gift@wave.plala.or.jp



    あれこれ思うこと... | permalink | - | - | - | -

    嘘をつくメディアと、嘘をつかないメディア。

    0
       
      今回のブログは、少しハードな内容になりそうなので
      またもや業界から嫌われてしまいそう。。。

      でも、これから書く事はほぼ事実です。

      どう感じるかは、皆様のご判断で。

      興味ない方はスルーして下さい。



      では、タイトルにもある
      「嘘をつくメディアと、嘘をつかないメディアの違い」とは。

      最近twitterでの呟きで、ある俳優さんが話題になっていますが
      その話題にも少し似た内容です。

      彼の発言は、某テレビ局が無理強いする韓流ブームに対しての
      苦言などに関すること。

      それが事務所解雇なんて大事にまで波及してしまったんですが
      それくらいに触れちゃいけないタブーな事って訳です。


      要はどういう事かというと、全てはお金ありきの話。

      昨今の不景気の中、テレビや雑誌等の業界が食いつなぐために
      必要なのが、スポンサー様による広告収入。

      テレビ離れ、活字離れなどによる影響はかなりのダメージなんです。

      では、テレビCMや雑誌の掲載広告以外の収入をどこから引き出すか?


      そう、お金で嘘の情報を捏造する事なんです。

      「今、巷で話題の!?」とか「主婦に大人気の!」とか、何でも「旨い!」みたいに
      書き立てて、あたかもそのお店やグッズが流行っているかのように見せる。

      もちろん、本物の情報もありますが、中には捏造の情報もチラホラ。

      “記事広告”なんて都合の良い呼び方もありますが、これはあくまで
      メディア側とクライアントにしか通じない言葉。

      読者置き去りの行為であり、それを見たり読んだりした人たちへの
      責任は一切問われません。



      だから、

      取材に値しない情報でも、

      お金でいくらでも流行はつくれてしまうのです。



      購買雑誌なのに、中身全部が広告に埋め尽くされてる雑誌なんかが
      良くありますが、アレなんかはまさにそうです。

      冷静に見てみれば、購買雑誌でナゼそんなに広告掲載が必要なのか?

      それは、雑誌自体が売れていないって事。

      雑誌の売り上げをカバーするために、広告や記事広告の比重が多くなり
      結果的に中身の企画がどんどん手薄になってしまう。

      結果、雑誌が更に売れなくなる。。。

      悪循環ですね。

      でもそれが読者の方に伝わるわけも無いので、捏造した情報が
      巷に広まってしまうわけです。

      そしてもっとタチが悪いのは、風営関係の広告がそこに混在してる事。

      学生や未成年者が同じ誌面に掲載されているのに・・・

      モラルなんて全く無視されてしまっています。



      売り上げを出すという事はもちろん大切な事です。

      ただ、金儲けに走ってしまえば、そこにメディアとしての責任や役割など
      一切無くなってしまいます。

      地域に情報発信するという事は、とても責任重大な事。

      正確な情報はもちろんですが、デザイン性やクオリティの高さは
      地域発信していく上で手抜きは許されない。


      もっと視野を広げましょう。

      新潟市発信のフリーペーパーや雑誌からもっと色んなものを感じて欲しい。

      そこから得る情報や感覚は裏切らない筈です。



      弊社のgiftは前者とはもちろん違います。

      確かなマーケティングのもと取材を行って、情報発信しています。

      もちろん、記事に関しては一切お金は頂いてません。

      そして理解あるスポンサー様の広告掲載によって発行が出来ています。



      お金で情報が回ってしまうこの現状で、何をどう見極めるかは
      一人一人の判断次第です。

      正確な情報と本物のデザインをちゃんと見極められなければ
      地域の発展なんて夢のまた夢。

      こんな狭い地域で、無料、有料限らず無駄に雑誌類が増え続けています。

      果たしてその中にどれだけの“ホンモノ”が存在するのか・・・




      長文になりましたが、このブログをどう感じかも、皆様のご判断で。

      あれこれ思うこと... | permalink | - | - | - | -

      午前中からの長文ブログ

      0
         おはようございます。

        暑いっすね、朝から…

        「暑い」なのか、「熱い」なのか。。。

        車乗るのも一苦労。

        みなさん、熱中症にはご注意を。


        ここ最近、立て込んでいた仕事もひと段落つきそうな感じで
        今週末が大詰めってな感じなんですが、週末はどうしても、
        なんとしても行きたいところが・・・その為だけに頑張ります。

        giftもおかげ様で大好評です。

        今回は印刷屋に泣きついて、〆切りを延ばしてもらったりして
        なんだか色々と大変な感じでした。

        でも納品の時に見るお客さんの笑顔があるから頑張れる。

        いや、キレイ事とかじゃなくてマジでこの瞬間がたまらない。

        ロゴやパンフレット・広告などなど、作るものは色々だけど、
        本気でお互いが良い物をつくろうとしてる時の一体感がたまらない。

        絶え間なく出てくるアイデアやひとつの目標に向かってる共有感。

        デザインもそうだけど、企画してる時は脳ミソがフル稼働してる感じ。



        それでもやっぱり、思ってしまう件。

        こんな事書けば業界の人たちに嫌われちゃうと思うけど・・・

        上越はもっと、もっと本気にならなくちゃダメだと思うんです。

        どんなに観光地や特産物があったって、それを売るためのツールの
        レベルが低ければ、人なんて集まらないし。誰の心にも響かない。

        意味のわからんつながりや意地、お金お金ってのが先行してしまって、
        その先にあるクオリティーなんて一切無視されちゃってる感じ。


        「それっていったい、誰のためにつくってるの?」

        「本気で誰かのココロ動かそうと思ってる?」


        この町にいるといつも感じてしまう。。。


        どの広告、フライヤー、看板なんか見ても、
        ビビビってのには、まず出会えない。

        一歩市外に出れば、そんなデザインにたくさん出会えるのに。。。

        田舎だからとか地域性って言ってしまえばそれまでだけど、
        そんなんじゃダメだよね。


        この間見てた某番組で、ホンマでっか!?って話をやっていて
        「割れ窓理論」っていうのがあるんです。

        割れた窓ガラスや落書きを放置しておくと、
        そのエリア、地域の治安が悪化するって話で、
        NYや日本の学校ではその理論を取り入れているらしく。

        そんな話を聞いていて思った事が、
        「コレってデザインにも言えるのでは?」って事。

        広告やポップ、看板なんかも、陳腐でダサいものに溢れてしまえば
        その地域もそれと同等になっていってしまう。



        こんな事偉そうに書いてるけど、
        僕自身良いデザイナーなんて言えないしそんな自信も無い。

        ただひとつ言えるのは、上越の中でなら誰よりも
        クオリティーの高いものを提供する自信はあるし、
        誰よりも本気でデザインしてる。


        たまに妥協とか力抜くとか言うやついるけど、なんじゃそりゃって話で、
        能力ある人が言うならまだしも、僕らみたいなのは人の何百倍も
        努力しなきゃ足元にも及ばないのにって思ってしまう。

        だって能力ある人たちも、人の倍努力してますから。。。



        色んなつながりや利権みたいなものがあって、
        それがこの地域のバランスとっているのは理解してるし否定もしない。

        だけど、せめて本気にはなろうよって事。

        じゃなきゃバカバカしくて、能力ある次の世代の人たちみんな
        出て行っちゃうしというか、出て行った方が良いと思ってしまう。



        上越をどうしたいとか、変えたいとか、そんな政治っぽい考えなんて
        無いけど、ただ自分の周りや関わるものにだけは良いものを
        提供していきたいし、そのひとつとしてgiftがあると思ってる。

        来年でgift創刊から5周年を迎える節目で、
        あっという間だなって感じだけど、創刊した当時は上越に
        フリーペーパーなんて一誌も無くて初の試み。

        今でこそ認知されてるけど、果たしてどれだけ響いているのかな。。。

        まだまだ力不足だし、やらなきゃいけない事だらけ。



        長文になりましたが、giftにそんな想いをのせてるつもりです。

        取材してる人たちやお店とかも広告費とか貰って
        やってないし、本物の情報を本物の気持ちで、
        読者の皆さんにウソつかないでやってます。


        カネでウソの情報流すような雑誌に成り下がる気はさらさら無いので
        これからもご愛読の程、宜しくお願いします。



        それでは良い一日を。

        あれこれ思うこと... | permalink | - | - | - | -

        みなさんにお願いです。

        0

          今回の地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
          また、亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。


          みなさんにお願いです。

          ニュースで情報を得た方はすでにご存知かと思いますが、
          地震の影響の事故で、現在予断を許さない福島県の原発。

          それに関連して電力が不足しています。

          一人が少しの節電をするだけで、被災地や関東地方の方の
          携帯電話やテレビ、ラジオで情報を得ることが出来て、
          病院にいる方が医療機器を使えるようになり、一人でも多くの人が救われます。


          パソコンを主な仕事道具とする僕の仕事柄、
          「節電」を呼びかけるのは筋違いかもしれません。

          しかし、使用しない電化製品のコンセントを抜いたり、ピークタイムを外して
          家事(洗濯機・炊飯器...etc)をする、厚着をして暖房機器を控えるなど、
          普段の生活を少し不便にするだけで、大きな節電に繋がります。



          そして、このブログの更新作業も電力を消費しています。

          この更新を最後に、本日は業務を終了する予定です。

          ちなみに、パソコンの電力消費もかなり大きいのです。



          新潟県も十日町地方が被災地となっています。

          私たちも引き続き、警戒をしましょう。



          あれこれ思うこと... | permalink | - | - | - | -

          一期一会。

          0
            おはようございます。

            先日から暖かい日が続きますね。

            日中は気持ちが良すぎて眠くなってしまいます。

            今も眠気覚ましにブログ更新です。笑



            さて、次回giftでいよいよ22号を迎えるわけですが、
            これまでに取材を通してたくさんの方々と出会い、
            またgiftをきっかけにお仕事をさせて頂いたりと、

            今までのライフスタイルの中ではお会いする機会が無い様な
            方々とも色々なお話をさせて頂く事で、僕自身も成長出来て
            いるのかなぁと感じています。


            今年は僕にとっては節目の年。

            ひとつひとつの出会いを、一瞬一瞬を大切にして、これからも
            たくさんの「上越のカッコイイ」を発信していこうと思います。



            それにしても...giftがもう22号。。。

            なんだか実感がわかないなぁ…あっという間の3年間でした。

            これからも5周年、10周年を目指して頑張りますので宜しくです!



            最後に、いつもgiftの印刷をお願いしている業者様の担当の方が
            10日にめでたく挙式を挙げられました。

            2010年10月10日。

            かなり人気の日取りだったみたいですね。

            矢澤君、おめでとうございます! お幸せに!

            そして、これからもワガママ言いますが宜しくお願いします。



            あれこれ思うこと... | permalink | - | - | - | -

            日本人のモラルはどこへ?

            0
              コンバンワ。

              相変わらずの暑さとお盆の混雑...かなり嫌になりますね。。。

              交通事故や熱中症、色々と事故が多発してますが
              皆さんは大丈夫でしょうか??


              さてさて、本日のタイトルですが...

              日本人のモラルはどこへ?って感じです。。。


              障害者専用駐車スペースに平然と車を停める悪質ドライバーや
              ゴミを平気でポイ捨てするアホーな大人たち。。。

              いやいや、ダメでしょ。

              最低限のルールは守ろうよ。。。


              誰もが聖人君子ではないし、夏のひと時にハメを外すのも
              仕方が無いこと。

              でも、社会人として人の親として、最低限のルールを守って、
              モラルのある大人として、心を引き締めませんか?

              せめて体の不自由な方への心の配慮は持って欲しいですね。


              というか、店側ももっと厳しく取り締まっても良いのでは??

              あれこれ思うこと... | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

              クリエイティブの境界を越える

              0
                う〜ん...暑いですね。。。
                やっぱりこの季節は苦手です。。。

                春うらら、秋の紅葉、冬の雪景色。
                そんな季節が大好きです。


                今日はギフトのモデルに新しく加入したモーちゃんと
                9月発行ギフトに掲載用の写真撮りで大潟町へ。

                暑がりな僕らには地獄のようなお天気で、撮る物撮って
                早々撤収してきました。


                それではちょっとだけご紹介。




                画像はあえて小さくしたので9月までお楽しみに。

                今回のモデルさんもかなり可愛いですよ。

                みなさん、楽しみにしてて下さい。



                さてさて、今回の題名に書いた文章は
                ギフトのタイトルの下に入っている英文の意味です。

                Crossing Borders Creatively

                かなり小さく入っているから気付かなかった方も多いのでは?

                で、何でそんな話なのかというと、ただの思い付きです。笑

                あまり誌面の内容を話す機会も少なかったので、
                今回はちょおとそこら辺のお話を。


                ギフトで毎号ご紹介している情報は、編集部が自身を持って
                皆さんにお伝えしています。

                衣・食・住・美容などなど、様々な情報を扱っていますが、
                その情報は読者の皆さんに楽しんでいただきたいという想いで
                確かなマーケティングから裏を取って掲載しています。


                昨今、様々な情報誌が溢れる中で、お金さえ払えば
                何でも取り扱ってしまうのが現状です。

                「雑誌で紹介されているから行ってみたら、全然だった。。。」

                そんな事が当たり前に多々あります。


                編集者として、情報発信者として、果たしてそれで良いのか?


                そんな想いから、Crossing Borders Creativelyという
                サブタイトルを付けました。

                最近になってこの英文の意味やgiftの後についている+eって何?
                なんて事を良く聞かれます。

                後者に関してはまたいずれお話するとして
                今回の題名に関しての想いを皆さんにお伝えさせて頂きました。


                「上越だし良いんじゃない?」なんて事を作り手が理由にして、
                クオリティーの低い誌面でウソっぱちな情報が流れてしまう時代は
                もう終わりにしなければ。

                学生からおじいちゃんおばあちゃんが読んでも楽しめる、
                そして上越以外からたくさんの人達が遊びに来てくれるような
                そんな情報誌を目指すことが、編集者としての勤めです。


                ギフトは少しでも皆さんの生活の中に役立てる情報誌を目指して
                今後も精進していきます。


                次号VOL.20はいよいよページ増量で、さらに見応え読み応えある
                内容になっております。

                18日の日曜日はお近くのショップさんでぜひご覧になって下さい。



                最後に。

                ギフトでも以前ご紹介した、パッケージクラフト作家の高橋和真さん
                7月12日(月)夜9:00放送の「深イイ話」という番組に出演されます。

                5人のアーティストが出演して自分の作品の値段をつけて
                ゲストが欲しい場合は「欲しイイ」 、そうでもない場合は
                「う〜ん」という判定となります。


                すごいですね。

                自分が少しでも関わらせて頂いた方がこういう舞台で活躍されるのは
                自分の事の様にウレシイです。


                ちなみに新井駅前のさん来夢2Fのギャラリーでも
                彼の作品をご覧いただけます。

                お近くに行った際にはぜひ。



                それではまた。
                あれこれ思うこと... | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                明日やろうはバカ野郎。

                0
                  僕の好きなフレーズのひとつです。

                  昔見たドラマのセリフにあったのですが、ストーリーは忘れてしまっても
                  この言葉だけは何故か頭の片隅にいつもあります。

                  「明日やろうはバカ野郎。」

                  ごもっともな言葉ですね。


                  旬なネタや情報は賞味期限がつきもの。

                  仕掛け時を誤れば効果ゼロになってしまって逆効果。

                  今乗るべき舟に乗らなければ、置いてきぼりになって孤立してしまう。

                  知りえる知識を持たない事、それは罪。


                  「あの時やっておけば良かった…。」なんて言葉を口にしたくないから
                  今日出来る事を精一杯に、今日走れる距離を突っ走りたい。


                  なんて言いながらも、一日は24時間しかないから
                  バランス良く頑張らないと早死にしちゃいます。

                  一日一日を大切に、一人一人の出会いを大切に、
                  ひとつひとつの発見を大切に。

                  後悔しない時間の過ごし方を心掛けたい。



                  ギフトも皆さんに感動を届けられるような情報誌を目指していきます。

                  次号の制作も順調に進んでいます。

                  7月18日の発行日を楽しみにしてて下さい。



                  あれこれ思うこと... | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                  YOU ARE MY STAR

                  0
                    “No.1”じゃなくても
                    人一倍 がんばってきた
                    Yeah you are...
                    Oh...you are my star
                    あきらめないコト
                    教えてくれたキミが
                    Yeah you are...
                    Oh...you are my star


                    最近AIの新曲にハマっています。

                    あまり邦楽は聴かないのですが、
                    歌番組で聴いた時に感動してしまいました。

                    良い曲ですね。。。

                    歌詞のひとつひとつが心に響きました。


                    みなさんもぜひ聴いてみてください。
                    あれこれ思うこと... | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                    独り言2。。。

                    0
                      先日お話したクオリティーについて。。。

                      ここ上越ではデザインやそれに関連する事に関して
                      正しい事をしようとすると、厳しい批判の的にあってしまいます。

                      それは企画・グラフィック・飲食・建築・服飾のあらゆる業界で多い事。


                      ヒガミやヤッカミと言った事は日常的ですが、もっとタチが悪いのは
                      ルールを無視した横暴な仕事が当たり前にされている現状。

                      これは詐欺行為に近いものさえも当たり前に行われています。


                      我々プロのデザイナーがお客様にご提案するデザインや
                      それに関連する仕事のひとつひとつに意味があります。

                      しかし、素人まがいな業者が増えている今、すべてにおいて
                      デタラメな仕事が横行しています。

                      デザインとはとても繊細でデリケートなもの。

                      基本があるからこそ良いデザインが生まれてきます。

                      これに少しでも保身や無知な意識が入ってしまえば
                      デザインとしての意味は全く持たなくなってしまいます。


                      以上のルールを守って、自身のセンスを活かしたデザインをする。

                      ごく当たり前で当然な事なはずなのに、これを守ると非難される。

                      悲しい現実であり、改善されなければいけない現状。


                      必ずしも全てではないが、酷すぎるほど割合が多すぎる。。。

                      デザイナー・アーティストと言う名のオペレーター。


                      上越という閉鎖的なこの町で、本物のクリエーターを見つける事は
                      非常に困難な事だと思います。

                      この現実に苦言を呈す意味でも、品質の高い商品をお客様に提案していきたい。


                      「ただつくれば良い。」「安ければ良い。」「知らないから仕方がない。」

                      これが通用する時代は、もうとっくに終わっているはずです。


                      低レベルなクオリティーからの脱却がなければ
                      いつまでもこの現実は変わらないと思う。


                      あれこれ思うこと... | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -